これはしおころのブログだよ

しおころが書きたいことを書くブログだよ

お知らせ

どうもこんにちは、しおころです。

 

早速本題に入りますが、しおころ(@sioneyossi)の活動を本日未明をもって「少なくとも1ヶ月」停止させていただきます。垢消しはしません。休止するだけです。

まぁ理由はご想像にお任せします。ってかご想像も何も最近大分リアルが忙しくなってきたからなんですけどね。試験も近いし。

 

まぁ復帰は早ければ1ヶ月後ぐらいになるんじゃないでしょうか。これについては確たることは言えません。事が片付いたら戻ってくる……かも??という程度に留めておきます。

 

~なんか短い気がするので需要のないQ&A(見たい人だけ見てネ)~

 

Q1.どうしても連絡をつけたいのだけどどうすれば?

A1.あのアカウントを始めて、誰かに連絡されないといけないようなことをした覚えが無いので、もしそうなったらとりあえずリプかDMを飛ばすか、このブログのコメント欄に目立つようになんか書いて、祈りましょう。LINE知ってるならLINEしてLINE。

もしかしたらボクがふと気づくかもしれません。まぁ定期的に見るよう努力はします。

まぁ後はエースか船タイ、村ラや緑ヶ丘のゲーセンにそれなりの頻度で出没しているので、その都度声掛けてください。あ、ソロでPIAにはもう行かないのでよろしくお願いします。

 

Q2.結局「アレ」はどうなったの??

A2.別に、どうもなってないですよ??

正直もうどうでもいいです。解決する方法が無い以上、あの時の自分はなんて馬鹿だったのだろう、と自分の馬鹿さ加減を恥じる他ないでしょう。

だからこの話はこれでおしまいです。

まぁ最も、ボクは「あの件」に対しての立ち回りはともかく、「あの件自体」に関してはボクは全く悪いと思ってないので自分から解決に向けての努力をするなんてしちめんどうくさいことはしませんが。謝らないといけないようなこと何もしてないし…。

まぁ自分に対しての信頼がどうとかは時間が解決してくれるんじゃないですかね?(他力本願)

……っていうのは半分冗談でそっちの方は出来る限り努力はします。そっちはボクが招いた事だし、何せ自分に関わることですからね。

 

Q3.ワンダーは続けるの??

A3.さぁ??

正直続ける理由がないです。これは本当に何とも言えませんが、少なくとも向こう3ヶ月〜半年ぐらいは距離を置こうかなって考えてます。まぁ1年足らずでルビーと、一つの目標、区切りとしてはまぁいい所なんではないかな、と思いつつも、やっぱりシレネッタをEXに出来てない、というのは少し心残りです。

なのでシレッと戻っているかもしれません。シレネッタだけに。

ゲームは好きなんですよ本当に。ただほんの一部のつまらないプレイヤーの自己中心的なつまらない考えの押し付けのせいでこうなってしまったのは残念至極、痛恨の極みと言わざるを得ません。

モチベーション次第、とでも言っておきます。「どうしてもやりたい」という気持ちが現在立ちはだかる様々な障害を乗り越えることが出来れば復帰も叶うのではないでしょうか。

 

Q4.本当に「再開」するの??

A4. ……。

f:id:sioneyossi:20190624041616j:image

 

 

……今後については本当に未定、と言うしかないのが現状です。正直な話あぁなってしまった以上以前のように利用するのは不可能と言いきれるし、まぁもうしばらくワンダーをやる見込みも薄いというのであれば、もういっそ消してしまって、心機一転やり直すか!と言ったところまで含めて検討しています。それについては都度お知らせするかもしれません。

 

こんな感じでしょうか

あ、ブログはなんかあれば更新しますよ。多分。

 

では、また逢う日まで。さようなら@sioneyossi。

 

おしまい

今回の件を受けて

どうもこんにちは、しおころです。

色々ありましたが、少しずつ話せるようになったので話します。またグダグダ長くなりそうなので、見たい人だけ見てください。

 

今回の件もちろん今回の自分の行動が最善では無かったということは理解しているつもりです。もっと冴えたやり方があったのかもしれません。

 

ただ感じたことも少なからずあります。

それはTwitterの在り方についてです。

 

まぁ大層なことは言いませんが、Twitterは自由な意見の場であったはずです。

 

f:id:sioneyossi:20190621050556p:image

©︎Twitter

以上の写真はTwitterの公式がルールとして上げているものになります。「すべての利用者が自由に、安心して公共の会話に参加できるよう、ルールを設けています。」と明記されています。

 

そう、Twitterは本来そうあるべきなのです。自由な意見の場、それこそがTwitterの良さであることは間違いないのです。

 

今回の件では様々な反応がありました。全てを見た訳ではありませんが、中には厳しい意見も沢山ありました。

 

良いと思います。それでいいのです。正直な話万人に賛同してもらえるなんてハナから思ってませんでした。そりゃいけん、という厳しい意見もあれば、中には優しく声をかけてくれた方もいらっしゃいました。(まぁ下らない、という意見が大半のように思えましたが)

 

今回の件にも関わらず、有難いことにボクのことをフォローしてくれているフォロワーさんの方々がいます。

一方で、今回の件でボクのことが嫌いになってしまった方もいます。また、元々ボクのことが嫌いな方、そもそも知らない、興味が無い方がいることも重々承知しています。

 

それでいいと思うし、そうでなければならない、とも思います。日本だけでも約1億5千万人いて、世界では70億を優に超えているこの世の中、どれをとっても好き嫌いがあるのは当たり前なのです。

 

1つのことに対して、様々な意見がある、というのは、少なくともTwitterではあって当たり前、尊重するべきことだと思っております。

 

 

ここで一旦筆を置かせていただきます。私は本当にTwitterをこれからも自由な意見の場として利用させていただきます。長文になってしまいましたが今回私が言いたかったのは概ねこんなことです。ブログ書いた意味あるかこれ?

 

一旦おしまい

 

 

 

 

↓↓↓ここから先は私の主観、愚痴等が含まれております。見たくない人はブラウザバックを推奨します。別にボクのブログだから何書いてもいいよね??まぁ建前と本音、みたいな感じで見てください。↓↓↓

 

 

(前略)〜尊重するべきことだと思っております。

 

だと思っていたのに。それをボクは踏みにじられた。そんな気がしてなりません。オレとお前は意見が違うから揚げ足取って叩く。オレとお前は意見が違うからブロック。こんなんで建設的な議論が生まれるだろうか(というかそもそも建設的な議論を拒否したのは向こうなのだが)??間違いなく答えはノーだ。

まぁもっとも、その人にとってはボクは「イエスマン」では無かった、ということなのだろう。

言葉の真意を確かめずに、直感的に反応してしまう人間も少なからずいるということが今回の件でまた分かったことの一つである。自分もそういったケースが無いとは言いきれないため、良いか悪いかというのはここでは論じることはしないが、今度からSNSやメッセージを送る際は、出来るだけ「はっきりと、相手に伝わりやすい」ように書き込んでいきたいと思う。

 

様々な意見があったが、下らない、という意見も多くあった。

炎上を今回初めて経験したので、改めて噛み締めました。ホンマ下らないですわこれ。炎上というか単なる自爆テロなんですけどね。下らないっていうことだけは、当事者たるボクが一番よくわかってると思う。

ネット上での平和、というのがどれだけ幸せか、それが改めて身に染みた6月20日でした。

 

 

今度こそおしまい

ゼロから始めるリトル・アリス ビルド編

どうもこんにちは、しおころです。

f:id:sioneyossi:20190131140304j:image
f:id:sioneyossi:20190131140259j:image

 

突然ですが、アリスでEX到達出来ました。

始めて1年経つか経たないかぐらいの期間でしたが、無事上がれてよかったと思っています。

 

EXに上がれたので、今からアリスを始める!って言う人のために偉そうにビルドの考察などをしていきたいと思っています。

まぁもっとも、ゼロからって言うのはボクも含まれてるんですけどね……

 

ということでざっと解説をば。

 

【中央基本&リザーブ

f:id:sioneyossi:20190131141048p:image

 

これが基本です。リザーブも含め多分これが1番強いと思います(強いとは言っていない)。

走攻守の3つを満遍なく満たし、キルダメも見れるとても強いビルド。

6アシは特別足を盛りたい、特に何かから逃げたいなという場合のみ指輪と入れ替えましょう(闇、アナピ、猿など)。ただA専用があまりにも強いので入れ替えなくてもいいです(理由は後述)。

 

【対面SS型対策ビルド】

f:id:sioneyossi:20190131142552j:image

 

対面がアシェや深雪乃など、SSで致命傷を与えてくるキャラに対抗するためのビルド。上と比べて少し守備寄りのビルド。スピードを減らしたくない!全部避けられる!って人は狩装束は外してOK。最近では少彦名の下方もあり全体的なスピード感が落ちたため、中央対面によっては気軽に採用できるビルド。

ただし、WS中マリク対面の場合は過信し過ぎないように。経験上魔神化SS1〜2発で剥がれるので注意。

 

 

【対スキルアタッカー対策(スカロビンワンパン)ビルド】

f:id:sioneyossi:20190131144232j:image

対面がスキルアタッカーの場合、特にエピ絡みやスカーレット、ロビンに対抗するためのビルド。

特筆すべきなのは、Lv6以降スカーレット、アイ込みのロビンがびっくりでワンパン出来るということ(約4.7メモリ。トランク非搭載時に限る)。こちらはトランクである程度は生き残れるし、ビビって相手がトランクを積もうものならそれだけでアドが取れる。

対面がエピ絡み、アリス、ロビンでない場合トランクは自由枠。

 

【端アリス】

f:id:sioneyossi:20190202145000j:image

今回記事を書いた理由にこのビルドを流行らせるためというのがある。

リトフラR専用で兵士処理、爆風のカス当たりでヴァンピール発動を狙うもの。

端アリスで勝てないのはリトフラを積んでないからだ、と声を大にして言いたいのだが、上位のアリスは積んでいないビルド(ノーマルなビルド)が多い。が、それは上位アリスの兵士管理力(つまりPS)が高いためであって、決してハード(アリスのキャラパワー)の兵士処理力がリトフラ無しで高い、良いと言う訳では無い。

なので端アリスが慣れないうちはこちらのビルドを使うことを推奨する。

 

 

従来のリトフラアリス課題であったレーン持久力をヴァンピールで補った形。トランクは自由枠。これを使えば余程自分のプレーが悪かったり、相手の横槍が手厚かったりしない限りは奥まで行かれる事は無い(と思っている)。

詳しくはまた別の記事で書くが、これでもまだアシェや妲己はキツいので、ここからがスタートラインだと思って欲しい。

 

以上であろうか。EXになるまでに感じたこと、特に端アリスに関してはまた別の機会に書くことにします。

ちゃんと使えばアリスはアタッカーでも「まぁやれる」部類なのでこれからも頑張って行きたいと思います。

まだ発展途上なので、こっちの方がいい!っていうアシストがあれば教えてください。アリスくんも発展途上(意味深)。

 

おしまい

【ネタ】

アリスで10連勝、10連勝したいが!!

 

俺は†辞退する†

 

f:id:sioneyossi:20190130155146j:image

 

上手いタイトル思いつきませんでした

 

おしまい

 

【次回予告】

アリスの記事書きます。

ワンダー部にも同じものをあげる予定です。よろしくお願いします。

【ネタ】ァ!リス!

トランクトランクついてない!

デ!モ!あなたのためびっくりぶんなげーる♪

(間奏)

リーフショップに行くと、大好きな彼(マリク)にであえーるの♪

にゃんにゃんにゃんにゃーにゃにゃんにゃん♪

もうダメイチコロ(百鬼ドロー)

無理なものは無理だと叫ぼう!

いじめられることもあるけれど(近接A)

キレた方が絶対楽しい!

いっせーの!

獲物!JS!ウィッシュ!ダウバ!リッパー!抜刀!

やりこみーシザース

テレレレテレレレテレレレレテレレレレレレレレ

野良アリス野良アリス!お散歩する!

エピかぐが一番のパートナー♪

粉が無いの??なんで付けねぇ??

味方からの煽りチャット♪

新専用!新専用!ついてない!

でも負けるな筐体をパンチ!!

兵士処理!兵士処理!叫んでる!

でもあなたのためボムバルぶんなげーる!

 


(間奏)

 


野良アリス野良アリス森にこもる

シレネマリアンが一番のパートナー(鞍替え)

MPが無いの??何とかしろよ

スカーレットからの贈り物♪(ギフト)

アイラブュー!アイラブュー!ざっけんなよー!(キレ散らかし)

横槍行くってきめーたから!

約束だよ?レーン維持してよ??

森の中には闇吉備津が!

二人一緒に(森に)入れば怖くない!

かくれんぼかくれんぼついてない!

で!も!負けるな筐体をパンチ!

アイラブュアイラブュ(アリスから)逃げないで!

ァ!リス!あなたのためキャスランぶんなげーる!

 

maimaiに収録されてからこんなくだらない替え歌をずっと考えてました

 

f:id:sioneyossi:20181227135444j:image

 

おしまい(ネタなのであんまり真に受けないでね)

【ネタ】「ミクおじは『トランク』の敗北者じゃけぇ…」 「ハァ…ハァ…敗北者…??」

※最初に断っておきます、ネタです。

 

3年もの間森君臨

「おじ」にはなれず、何も得ず

終いにゃ終いにゃ新キャスト

妲己という名の新キャスト

ネコソギ撫で切り、クリで死ぬ

実に空虚じゃありゃせんか?

人生空虚じゃありゃせんか??

 

やめやめろ!

 

乗るなミクサ!(中央に)戻れ!

 

おじはおれにキルレをくれた!

おれにおじの偉大さくれた!

 

スキルAトランク積んでりゃ価値無し!!

お前らスキルA生きる価値なし!!

 

メタおじメテおじ敗北者!!!

おじ山大将敗北者!!!

 

メテおじアタッカー大アタッカー!!!

 

おれを(低勝率から)救ってくれた人をバカにすんじゃねぇ!!

 

 

 

 

 

電車の中クソ暇すぎるっていうお話でした

 

おしまい

クソ暇なので「実力派 vs マナー勢論争」について考えてみた

どうもこんにちは、しおころです。

そう言えばブログなんてものがあったなと思い久しぶりに更新することにしました。まぁ、長いこと更新しないこともあるって言ってたし、多少はね??

書き溜めてたものがいくつかあったんですが、全部消して新たに始めることにしました。「ワンダー部」も利用しつつ、書ききれないことはこちらに書いていきたいと思います。

 

 

さて本題。

最近ゲームのコミュニティ内でマナーがどうのこうのというのが多くなっているような気がする。チーム対戦ゲームだけでなく、音ゲーなど幅広い所で起こっている問題のようにも思える。まぁ今回は自分がやっているゲームであり幅広く述べることが出来る「ワンダーランドウォーズ」について述べていこうと思う。

最近では「どんなに強くても煽ったりマナーが良くないのはおかしい」であったり、「人の失敗を執拗に煽ったり無闇に責めるべきではない」。こういった主張をする人たちをひとくくりに「マナー勢」と呼ぶ傾向がある。コミュニティ内の暗黙のルールやマナーを守っていくべきだという考え方である。しいて例を挙げるならば、ゲームを始めたときには必ず挨拶をしないといけない、とか、勝ったら「ありがとう」、負けたら「ごめん」チャットを打つなどであろうか。

 それに対して、最近ではこういった「マナー勢」に対するアンチテーゼとして、実力が伴っていなければある程度の煽りはしょうがないという考えも生まれつつあるのが現状である。こういった人たちにとっては、マナーをかさにきて、所謂「戦犯ムーブ」というのを正当化して欲しくないというのがあるのだろう。マナーを叫べば後は何をしても許されるのかという話である。その意見に関しては自分も一理あると思っている。どんなゲームにも、最低限のセオリー、ゲーム進行上のマナーがある。ロールごとの移動の制限がなくてもアタッカーは最序盤はファイターを差し置いて端に行くものでは無いし、担当レーンの拠点をおざなりにして城やほかの拠点に走るのもセオリーに反する。

 こういった意味ではそういった意見が出てくるのにも一定の理解は示せる。

 ただそれにも限度があるだろう。舞踏会や占星遊戯祭などで銅ペンや銀ペンと当たることが多かれ少なかれある。だがそういった人を見かねた金ペンやルビーペンが煽るというのは、いくら何でも違うだろうということである。

そういったトラブルで一番よくあるのが金ペンとルビーペンの争いであろうか。と言ってもよく考えてほしい。金ペンだって23でなりたてほやほやの人もいれば、29で昇格間近の人だっている。ルビーペンでさえ、EX0からEX5になるには40000ページもの差がある。立場ややりこみ度の差はこれだけあるのに、どうして下のランクの人を煽れるのだろうか。ましてや金ペンの人たちはズルをして金ペンになったわけではない。あるいは今のルビーペンの人たちだって「だいたい」同じような道を辿ってきているはずである。

だからどうか、上級者はいずれ同じ土俵に立つであろう中級者を温かく見守ってほしい。自分も含めだいたいのプレイヤーは負けたいと思ってゲームしていないです。負けたらちゃんと謝ります。どうか、どうかお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまでは建前の話。以下ボクの本音。

まぁ正直言ってしょうもないですよね、煽ったり捨てゲーする人って。まぁ他人の受け売りじゃないですが、マジで100円返せよって言いたくなります。だいたいそういう煽りする人って、「自分は負けてない」みたいなこと言いますけど、ちげーんだよ。お前らのチームが負けたんだよ。その中にはお前も含まれてんだよ。何勝手に一人で「自分は負けてない」みたいな面してんだよ。もう一度言うぞ。お前は負けなんだよ。いい加減にしろよ。

まぁそういうことする人はプレイは知りませんけど、人間としてはカス以下なんだなって思ってます。

 

ついこの間、かく言うボクも舞闘会中にルビーペンに煽られた。しかも気になって調べたら今年の全国対戦の店舗予選通過者だったのでとても残念な気持ちになったのを覚えている。

 上から目線で言いたいこと言いやがって。ボクより少し早く始めた程度で良い気になってんじゃねぇぞ。

 

・・・と言いたくなった今日この頃でした☆

 

おしまい